ベンキュー、デュアルランプ採用で輝度6000ルーメンのDLPプロジェクター

ニュース

2008/06/30 18:56

 ベンキュージャパン(マーティン・モーレ社長)は、デュアルランプを採用したプロジェクター「SP920」を8月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は49万8000円前後の見込み。

 解像度1024×768ドットのXGAで、2000:1の高コントラスト比を実現。独自のデュアルランプ投写に対応し、最も明るいデュアルランプ標準モードの6000ルーメン、エコノミーモードの4800ルーメン、シングルランプモードの3000ルーメンから選択できる。投写方式はDLP単板方式を採用し、画面サイズは31型から300型まで対応する。

 色彩深度を向上する技術「BrilliantColor」と独自のカラーマッチングテクノロジー「5色カラーホイール」を採用し、自然の風景などに多い中間色やパステルカラーの再現性を高めた。黒板を含めた5色の壁面で鮮やかな投写が可能な壁面投写モードや、RGBCMYの6色の範囲と彩度を手動で調整できる3Dカラーマネージメントを搭載。ランプから放射された光をデジタル処理によってカラーマッチングを行い、明るさやコントラストを調整して色再現性を高める技術「UNISHAPE」も搭載する。

 HDMI端子を装備し、さまざまなAV機器と接続できるほか、ブルーレイディスクや次世代ゲーム機との接続も可能。プレゼンテーションタイマー、解像度リマインダー、パネルキーロック、セキュリティパスワードなどの豊富な機能を搭載する。本体サイズは幅443×高さ167×奥行き355mm、重さは約11kg。カラーはピアノブラック。

オススメの記事