KDDI、固定-携帯電話間の通話が24時間無料の新サービス、8月からスタート

サービス

2008/06/25 20:34

 KDDIは6月25日、KDDIの固定-携帯電話間の国内通話料を無料にする新サービス「auまとめトーク」を8月1日に開始すると発表した。同社の携帯電話サービス「au」の加入者を中心ターゲットに固定電話加入者の拡大を狙う。

 新サービスは、KDDIのIP電話を含む固定電話サービスと、携帯電話au」の両方に加入するユーザーであれば固定-携帯間の通話が24時間無料になる。通話先がKDDIの固定電話であれば固定電話同士も無料で通話できる。

 さらに、固定電話から携帯電話にかける場合、相手が「au」の携帯電話であれば友人などでも無料になる。なお、携帯電話から固定電話への通話が加入者が自宅にかける時のみ無料。会見で小野寺正社長は「IP電話だけではなく、従来の固定電話同士も無料にした他社にはない取り組み」と説明した。

 対象となる固定サービスは「メタルプラス電話」、光ファイバーを使った電話サービス「ひかりone電話サービス」、CATVを利用した電話サービス「ケーブルプラス電話」、ADSLと同時利用する電話サービス「ADSL one電話サービス」、インターネット接続サービス「au one net」で提供するIP電話サービス。また、今後は固定電話サービスを「auおうち電話」の総称でまとめ消費者にわかりやすいサービスとして展開する。

 利用には固定・携帯の料金をまとめて支払う請求サービス「KDDIまとめて請求」の加入などの条件を満たしていれば、特別な手続き不要で自動的に適用される。「ひかりone」でKDDI以外のネット接続を利用している場合は9月からの提供となる。

 KDDIによると、auの携帯電話を保有する約1370万世帯のうち、約1190万世帯がKDDIの固定サービス未加入者だという。新サービスで、「無料」をアピールし、この層の取り込みを図る。小野寺社長は「固定電話でのNTTの独占性を排除するためには我われもお客さんを増やさなければならない」と話した。

オススメの記事