サードウェーブ、22型の3D液晶ディスプレイ、ドスパラ店舗で販売

ニュース

2008/06/13 19:01

 サードウェーブは、有沢製作所とHYUNDAI IT ジャパンが共同開発した22型ワイドの2D/3D液晶ディスプレイ「W220S」を、6月13日に発売した。同社のショップ「ドスパラ」で販売し、ドスパラ価格は9万8000円。

 「W220S」は、付属の偏光メガネを着用することで立体視が可能になる3Dディスプレイ。既存のDVD-Videoや特定の3Dゲームを立体視できるソフトウェア「TriDef 3D Experience」も同梱する。

 解像度1680×1050ドットで、輝度は300cd/m2、応答速度5ms、コントラスト比1000:1。デジタル入力端子のDVI-D、HDMIを備えるほか、D-Sub15ピンとオーディオ入出力端子からのアナログ入力にも対応する。サイズは幅522×奥行き195×高さ416mmで重さは7.3kg。

オススメの記事