日本ビクターは6月4日、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを内蔵したVHS搭載DVD・HDDレコーダー「らく録」シリーズの新製品「DR-HX500」「DR-HX250」を、7月上旬に発売すると発表した。

 1台でHDD・DVD・VHSの3メディアに対応した「3in1」レコーダー。HDD・DVD・VHSそれぞれ双方向のダビングに対応する。HDDにはデジタル放送をハイビジョン画質のまま録画でき、DVDはDVD-RW/-Rへの録画・再生やDVD-RAMの再生に対応する。地上アナログ、地上・BS・110度CSデジタルチューナー1基ずつ搭載し、デジタル放送とアナログ放送の「2番組同時録画」が可能。

 通常のフルリモコンのほかに、録画や再生など基本操作だけができる「簡単リモコン」を付属。インターフェイスに、HDMI出力端子やD端子、光デジタル音声出力端子を各1系統備える。本体サイズは幅435×高さ99.5×奥行き394mm、重さ6.6kg。

 実勢価格は、500GBのHDDを搭載する「DR-HX500」が9万5000円前後、250GBのHDDを搭載する「HX250」が7万5000円前後の見込み。