ウィルコムとフェリカネットワークス、08年度中にFeliCa対応端末を発売

ニュース

2008/05/28 14:26

 ウィルコム(喜久川政樹社長)とフェリカネットワークス(芳野弘社長)は、フェリカネットワークスが提供する非接触ICカード技術方式「FeliCa」をウィルコムが導入することで合意した。

 ウィルコムは、08年度第4四半期をめどに「モバイルFeliCa ICチップ」を搭載したPHS端末の発売を目指す。対応端末には、フェリカネットワークスが管理する「共通領域」を採用することで、利用するサービス事業者に対して「モバイルFeliCa ICチップ」内のデータ書き込みや、各サービスのオンラインでの即時発行などをセキュアに実現する。

 現時点で提供を予定するサービスは、JCBQUICPay(クイックペイ」、全日本空輸「ケータイde Edyマイル」、日本航空インターナショナル「JALタッチ&ゴー」、東日本旅客鉄道「モバイルSuica」、ビットワレット「Edy」。今後ウィルコムは、「モバイルFeliCa ICチップ」の標準搭載を目指す。

オススメの記事