シャープ、インターネット対応モデルなど「AQUOS」新製品3シリーズ

ニュース

2008/05/19 19:27

 シャープは5月19日、液晶テレビAQUOS(アクオス)」で、インターネット視聴に対応した「Rシリーズ」をはじめ、「Gシリーズ」「Dシリーズ」の計3シリーズ22機種を6月1日より順次発売すると発表した。


 いずれも地上アナログと地上・BS・110度CSデジタルの各チューナーを搭載するほか、「AQUOSファミリンク」にも対応し、同社製DVDレコーダーやサラウンドシステムなどの対応機器をテレビのリモコンで操作できる。

 「Rシリーズ」は、水平1920×垂直1080画素のフルハイビジョン(フルHD)対応。液晶テレビでは国内初となるコントラスト比3300:1の液晶パネルを採用し、映像シーンごとにバックライトの輝度とパネルの開口量を調整することで、テレビセットとして表現できる「テレビコントラスト比」20000:1を実現した。12ビット階調表示による「なめらか高画質」と併せ、「AQUOS史上最高画質」(同社)を実現したという。


 また、インターネットに対応し、テレビのリモコンを使ってWebサイトの視聴が可能。ヤフーと共同で発表したポータルサービス「Yahoo! JAPAN for AQUOS」にも対応する。画面サイズは、65V、52V、46V型で、実勢価格は65V型が98万円前後、52V型が58万円前後、46V型が53万円前後。カラーはブラック系とブラウン系の2色で、発売日は7月1日。

 「Gシリーズ」は、フルHDパネルを搭載した「GX5ライン」5モデルと、ハイビジョン対応の「GH5モデル」2モデルをラインアップした。画面サイズは、「GX5ライン」が52V、46V、42V、37V、32V型で、実勢価格は52V型が50万円、46V型が45万円、42V型が40万円、37V型が30万円、32V型が23万円前後の見込み。「GH5モデル」は32V、26V型を用意し、実勢価格は32V型が18万円、26V型が16万円前後の見込み。発売日はすべて6月1日。

 「GX5ライン」の「テレビコントラスト比」は15000:1。明るい場所で視聴しても、画面の映り込みを軽減する低反射パネルを採用し、ブラウン管テレビからの買い換え需要を狙う。また、32V型以外で「AQUOS」ユーザー専用のポータルサイト「AQUOS.jp」のサービスを拡充し「Yahoo! JAPAN for AQUOS」も利用可能。インターネットのブラウジングには対応していない。


 一方、「GH5ライン」はエントリーモデル。「テレビコントラスト比」は7000:1で、倍速表示にも対応する。よく使うボタンは従来の2倍以上に大きくし、操作性にも配慮した。

 また、個人視聴の2台目用途に開発した「Dシリーズ」でも、今回フルHDに対応した「DS5ライン」を発表。「テレビコントラスト比」は15000:1で、本体両サイドには重低音を強調する新開発の「サイドポート・バスレフ」方式のスピーカーを搭載する。画面サイズは42V、37V、32V型で、実勢価格は47V型が35万円前後、37V型が27万円前後、32V型が22万円前後で、発売日は7月1日。カラーはブラック系、ホワイト系、レッド系の3色を用意する。


 松本雅史副社長は「今回の発表で、AQUOSは42機種フルラインアップとなった。『R』シリーズはユーザーや量販店の声を反映した製品に仕上がったと思うし、勝算はある。テレビ商戦ではいつも40%強のシェアを取っていたので、夏の商戦期もそれくらいは取るという覚悟でやっていく」と意気込みを語った。

オススメの記事