グリーンハウスは5月13日、ソリッドステートディスク(SSD)の新製品で、高速転送が可能なSLCチップ搭載の3モデルと、MLCチップ搭載の4モデルの合計7モデルを、5月下旬に発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 記憶装置にフラッシュメモリドライブを採用するシリアルATAの2.5インチSSDで、最新の1チップSATAコントローラを搭載する。さらに、最大4チャンネルへ同時アクセス可能な複数のフラッシュメモリ制御用コントローラーにより、高速のデータ転送を実現した。また、自動でエラーをチェックし、不具合が起こっても修正するECC機能を備える。

 データ転送速度は、SLCチップ搭載モデルが最大読み込み130MB/秒、書き込み67MB/秒、MLCチップ搭載モデルが最大読み込み120MB/秒、書き込み20MB/秒。容量は、SLCチップ搭載モデルで16GB、32GB、64GBを、MLCチップ搭載モデルは16GB、32GB、64GB、128GBをそれぞれラインアップした。サイズは幅69.9×奥行き100.2×高さ9.5mmで重さは80g。