コダック(松浦規之社長)と加賀ハイテック(高橋信佐社長)は5月13日、顔検出機能を搭載した716万画素のコンパクトデジタルカメラ「Kodak EasyShare M763 デジタルカメラ」を、6月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで実勢価格は1万6800円前後の見込み。

 2.7インチ液晶と有効716万画素のCCDを備え、手ブレ補正機能に対応するコンパクトデジタルカメラ。ISO 1600相当の高感度撮影が可能で、自動ノイズ軽減機能によりノイズも抑えられる。20のシーンモードと3つのカラーモードに対応し、状況に応じた撮影が行えるほか、人物の顔を検出し、ピント合わせや露出調整をする「フェイス検出技術」を備える。

 光学3倍、デジタル5倍のズーム機能を備え、16:9で撮影する「ハイビジョン静止画撮影機能」、約135度のパノラマ撮影が可能な「パノラマ画像自動合成機能」なども搭載する。動画撮影にも対応しVGA、MPEG4、QVGA形式での記録が可能。撮影した画像の露出などを自動調整する「Kodak Perfect Touch機能」、不要な部分をカットする「カメラ内トリミング機能」により、PCを使用することなく画像を加工できる。

 16MBのメモリーを内蔵するほか、外部メディアとしてSD/SDHCカード、MMCカードに対応する。本体サイズは幅9.1×高さ5.7×薄さ2.1cm。