アクテブライズ(高橋佳樹代表)は4月25日、両手で抱えて操作する張り子細工のマウス、白猫の「しろーさん」、黒猫の「くろーさん」を発売した。同社直販サイト「アクテブライズのデジモノショップ」で販売する。価格は各2万円。

 伝統工芸の張り子細工でつくったマウス「Harikoシリーズ」第4弾。和紙を型に貼り付ける張り子の技術と、樹脂成形の技術を組み合わせ、1つずつ手作りした。

 本体を傾けることでポイントを操作する独自の「DS方式」を採用。幅170mm×奥行き200×高さ180mm、重さ275gと大きいため両手で抱えて操作する。カーソルは、大きく傾けると速く、小さく角度でゆっくりと動く。傾き感度の調整も可能で、手動補正モード時に右クリック長押しすると水平認識の補正ができる。

 なお同社の「Harikoシリーズ」は、これまで第1弾の「招き犬 ノーメイク」を皮切りに、第2弾のネズミ形マウス「ねずさん」、第3弾の「メタBON!!!」を発売している。