パイオニア(須藤民彦社長)と松下電器産業(大坪文雄社長)は4月24日、プラズマパネル事業で包括提携すると発表した。パイオニアがプラズマ技術を松下に提供。松下の技術と組み合わせた高画質・低消費電力の新型パネルを共同開発し、生産・供給する。


 新型パネルの開発ではパイオニアが現在、同社のプラズマテレビ「KURO(クロ)」で導入している高発光技術、高コントラスト技術、パネルの超薄型化技術を「全面協力」(小谷進・パイオニア常務執行役員)で松下に提供。松下が持つ発光効率が2倍になる最新のプラズマ技術や低消費電力と組み合わせて高画質で省エネルギーのパネルを開発する。

 パネルサイズはパイオニアが現在販売している42、50、60V型を中心に検討する。新型パネルは松下が生産。パイオニアに供給すると同時に自社製品でも使用する。同時に、2社でパネルを共通化することで「プラズマパネル開発スピードを加速し、生産効率を高め、コスト競争力を向上させる」(森田研・松下電器産業常務役員)狙い。

 今回の提携を受け、パイオニアではプラズマパネルの開発技術者を全て松下に転籍させる方針。技術者の数は非公開。08年5月中に該当者にその旨を通知し、同意した社員を6月以降に順次松下に移す。画像処理などの技術者は社内に残す。

 2社は08年5月末にも業務提携契約を締結。09年5月に稼動予定の松下の尼崎第5工場(兵庫県)を中心に松下の全プラズマパネル工場で新型パネルを生産。09年6月末に供給を開始し、パイオニアが新型パネルを搭載したプラズマテレビ「KURO」を09年秋に発売する。その後、松下もプラズマテレビ「VIREA(ビエラ)」に導入する。

 2社は技術を持ち寄ることで、将来的には07年の製品に比べ消費電力が3分の1、30000:1程度のコントラスト比を無限大:1、厚さは1センチ以下の「究極のプラズマテレビ」(森田研常務役員)を2010年をめどに開発し市場に投入する計画。

 会見でパイオニアの小谷常務執行役員は「当社は薄型テレビの大幅な価格下落に追いつけず、台数も伸びなかったことからコスト競争力がなかった。今回の提携で松下が持つ圧倒的なコスト競争力を手に入れることができる」との期待感を示した。

 パイオニアは07年9月にシャープと資本・業務提携を締結しており、今後は基本的には40V型以上はプラズマ、30V型クラスはシャープから調達する液晶パネルを使った液晶テレビを販売していく計画。40V型クラスでは「市場の動向やニーズがあればプラズマ、液晶の両方を揃える」(小谷常務執行役員)考え。

 また、「KURO」が競合メーカーの高級ハイエンドモデルよりも高い価格設定を行っている販売戦略を松下からパネル供給を受けることで見直す。「KURO」の高級路線は維持するが、価格を他社のハイエンドモデル程度まで下げる。また、普及価格のモデルの販売も検討する。

 販売面での松下との競合について小谷常務執行役員は「我われの主力は欧州市場。欧州は複雑な市場なため、松下の販路とは違う場所で戦っている。量販店ではバッティングするかも知れないが大きな影響はない」との見方を示した。

 一方、松下電器産業の森田研常務役員は「プラズマパネルは技術開発のスピードが勝負を決める。今回、パイオニアと提携することで、“商品がよくなる”という波及効果が出てくる」と強い自信をみせた。プラズマパネルの相互供給などで提携している日立製作所との関係については「従来通り」と強調した。