ソニーは4月23日、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット Wシリーズ」の新モデルとして、コンパクトデジタルカメラでは世界で初めて有効1360万画素のCCDを搭載した「DSC-W300」と、有効720万画素の「DSC-W110」を5月16日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は「DSC-W300」が4万5000円前後、「DSC-W110」が2万3000円前後の見込み。

 「DSC-W300」は、有効1360万画素の「Super HAD(スーパーハッド) CCD」を搭載し、チタンコートを施したステンレスボディを採用したコンパクトデジタルカメラ。2.7型のクリアフォト液晶を搭載する。

 「逆光」「逆光&人物」「夜景」「夜景&人物」「三脚夜景」の5つのシーンをカメラが自動で認識して最適な撮影を行う「おまかせシーン認識」を搭載。顔認識機能を向上させ、「子ども」「大人」の笑顔を自動判別することが可能で、子どもの笑顔を優先して撮影したり、大人の笑顔を優先して撮影することができる。

 35ミリフィルムカメラ換算で35-105mmの光学3倍ズームレンズを搭載。15MBの内蔵メモリを搭載する。記録メディアはメモリースティック デュオ/PROデュオ/PRO-HGデュオ。本体サイズは幅94.3×高さ59×奥行き26.8mm、重さは約156g。

 一方、「DSC-W110」は有効720万画素のCCD、高速処理の画像処理エンジン「BIONZ」を搭載したコンパクトデジタルカメラ。ブレに強いISO3200や、撮影した画像データを瞬時に分析して撮影シーンに応じた適切な露出・コントラストに自動補正する「Dレンジオプティマイザー」機能を搭載。2.5型TFT液晶も装備する。

 35ミリフィルムカメラ換算で32-128mmの光学4倍ズームレンズを搭載。記録メディアはメモリースティック デュオ/PROデュオ/PRO-HGデュオで、内蔵メモリは15MB。本体サイズは幅88.2×高さ57.2×奥行き22.9mm、重さは約123g。