ニフティ(和田一也社長)とコクヨ(黒田章裕社長)、コクヨS&T(森川卓也社長)の3社は4月21日、ニフティが運営するビジネスSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「ビジネススペース β版」を利用した、ユーザー参加型の商品開発プロジェクトを開始したと発表した。

 「ビジネススペース」内に、同プロジェクト専用コミュニティ「仕事を変えるビジネスアイテム研究室」を設置。設定するテーマに沿って、ユーザーから商品アイデアや仕事術などを募集し、議論を重ね優秀なアイデアについて商品化や販促プランなどを検討する。

 プロジェクトでは、商品化までのフェーズを大きく2つに分けており、フェーズ1は、「ビジネススペース」の登録ユーザーであれば誰でも参加可能。毎回、設定されたテーマに沿ってコンシューマー(ユーザー側)から商品のアイデアや仕事術などを募集する。コミュニティには3社も参加し、議論の活性化を図るほか、コクヨの発想支援ツール「ポケディア」を提供してアイデアの創出を支援する。

 フェーズ2では、フェーズ1からの参加者を選抜し、大学やビジネススクールなども参加したチームが、優秀なアイデアについて商品化や販促プランなどを検討。同時に、利用できる素材やマーケティングプランなどで協力できる企業も募集し、ユーザー参加型の商品開発の実現を目指す。

 プロジェクトの経過は、随時「ビジネススペース」内で公開し、フェーズ2への参加者以外にも情報を提供。リアルの議論を行うための会議室も提供する予定。最終的に抽出されたアイデアについては、コクヨS&Tが商品化を検討する。なお、初回のテーマには、近年のビジネスで重要なキーワードとなっている「ワークライフバランス」を設定している。