富士通は4月21日、HDDとしては世界で初めて、暗号化方式Advanced Encryption Standard(AES)256ビットに対応した、320GBの2.5型HDD「MHZ2 CJ」シリーズを5月末に発売すると発表した。08年度にシリーズ合計で200万台の販売を目指す。

 HDD内のAES暗号回路を使ってデータを自動的に暗号化し、ディスク上に記録する方式を採用。ソフトによる暗号化とは異なり、鍵情報をPCのメモリ内に持たないため、強固なデータ管理が可能で、CPUに負荷をかけずに暗号化処理を行うことができる。

 毎分7200回の高速回転が可能で、大容量のシリアルATA 3.0Gbit/sインターフェイスに対応するほか、HDD内に記録された全データを1秒以下で完全に無効化する「データ瞬間無効化機能」を搭載し、PC廃棄時のデータ消去作業での時間やコストが削減できる。