パイオニアは4月15日、2.4GHzデジタル無線伝送によるコードレスのヘッドホンシステム「SE-DRS3000C」と増設用ヘッドホン「SE-DHP3000」を、5月中旬に発売すると発表した。

 「SE-DRS3000C」は、2.4GHzのデジタル無線伝送を利用するトランスミッターとヘッドホンからなるヘッドホンシステム。到達距離は約30mで、3つのチャンネルから通信に最適な周波数を自動で選択し、加えてデータを3回送る「3×3送信システム」を採用する。遮蔽物や電波環境の障害による音切れが少なく、非圧縮データを送信するので音質の劣化がない。

 50mmの大口径ドライバーユニットに加え、スピーカーで聴いているような音場を再現するドルビー社のサラウンド技術「ドルビーヘッドホン」を搭載。クリアな音質を再現する「48bitプロセッシングDSP」も備える。対応フォーマットはドルビーデジタル、ドルビーデジタルサラウンドEX、ドルビープロロジックII、DTS、MPEG-2、AAC、PCM。

 耳に触れる箇所にバックスキンを使用した低重心設計のヘッドホンは350gと軽量で、長時間の使用にも適している。増設用のヘッドホン「SE-DHP3000」を使えば、トランスミッターから何台でも同時に送信が可能。ヘッドホンの電源は充電式リチウムイオン電池で、付属のヘッドホンスタンドに載せるだけで充電できる。トランスミッターの電源はACアダプタ。

 「SE-DRS3000C」はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。「SE-DHP3000」の価格は2万6250円。