NECは4月16日、個人向けノートPC「LaVie」の夏モデルとして、「LaVie L」シリーズ6機種と「LaVie C」シリーズ3機種、モバイルノートPC「LaVie J」シリーズ4機種を、4月中旬から順次発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 今モデルからラインアップを再編。各シリーズのなかでデザインを統一し、性能を上位モデルとエントリーモデルを明確に分けるなどユーザーへのわかりやすさを強調した。全モデルにWindows Vista Home Premium with Service Pack 1を搭載。

 15.4型ワイド液晶を搭載した高性能プレミアムノート「LaVie C」は、地上デジタル・アナログテレビチューナー搭載の「LC950/MG」「LC900/MG」と、テレビチューナー非搭載モデル「LC800/MG」を用意。

 3機種とも、Core 2 Duo T7500(2.20GHz)と2GBメモリを搭載し、有効198万画素のWebカメラやHDMI出力端子も備える。HDD容量は「LC950/MG」「LC900/MG」が250GB、「LC800/MG」が160GB。最上位モデルの「LC950/MG」は、ブルーレイディスク(BD)ドライブを搭載する。実勢価格は、「LC950/MG」が28万円前後、「LC900/MG」が23万5000円前後、「LC800/MG」が20万5000円前後見込み。発売日は4月中旬。

 15.4型ワイド液晶を搭載した「LaVie L」は、アドバンスタイプの「LL850/MG」「LL750/MG」2機種と、スタンダードタイプの「LL560/MG」「LL550/MG」「LL565/MG」3機種、エントリーモデル「LL370/MG」をラインアップする。

 アドバンスタイプの「LL850/MG」「LL750/MG」は、ホワイトからシルバーに変わるグラデーションカラーを採用し、CPUにCore 2 Duo T8100(2.10GHz)、2GBメモリを搭載する。最上位機種の「LL850/MG」には、有効198万画素のWebカメラと高速Draft 11n対応のワイヤレスLANを内蔵した。

 スタンダードタイプの「LL560/MG」は、シュガーピンク、ガーネットレッド、ベリーブルーの3つのカラーバリエーションを揃える。デュアルコアCPUと2GBメモリを備え、ワイヤレスLANやFelicaポートを内蔵。また、同じ仕様で型番カラー違いの「LL550/MG」パウダーホワイトと、「LL565/MG」グロスブラックを揃える。「LL370/MG」は、エントリーモデルながら、モバイルAMD Sempron3600+と1GBメモリを搭載した。

 実勢価格は、「LL850/MG」が19万5000円前後、「LL750/MG」が18万円前後、「LL560/MG」は、グロスブラックのみ16万5000円前後で、そのほかの4色は16万円前後、「LL370/MG」は14万円前後の見込み。発売日は4月中旬。

 12.1型ワイド液晶を搭載したモバイルPC「LaVie J」は、スクラッチリペア塗装とワイヤレスUSBを搭載する「LJ750/MH」と、ホワイトモデルを追加した「LJ730/MG」が2機種、エントリーモデル「LJ700/MH」1機種で計4機種をラインアップする。

 上位モデルの「LJ750/MH」のみ、2GBメモリ、160GBのHDD、高速Draft 11n対応のワイヤレスLAN機能を搭載した。また、「LJ730/MG」には統合オフィスソフト「Office Personal 2007」を搭載する。実勢価格は、「LJ750/MH」が27万円前後、「LJ730/MG」が22万円前後、「LJ700/MH」が20万円前後の見込み。発売日は5月中旬。