ニコン(苅谷道郎社長)は、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S」シリーズで、無線LAN機能を搭載した「COOLPIX S52c」と非搭載の「COOLPIX S52」を発表した。「S52c」が5月16日、「S52」は4月25日に発売する。価格はオープン。実勢価格は「COOLPIX S52c」が4万円前後、「COOLPIX S52」が3万5000円前後の見込み。

 「COOLPIX S52c」は、無線LAN通信機能搭載の「COOLPIX S51c」の後継モデル。IEEE802.11b/g規格に準拠した無線LAN通信機能を内蔵する。ニコンの画像保存・共有サイト「my Picturetown(マイピクチャータウン)」を使うことで、撮影した写真を家族や友人とインターネット上で共有・閲覧して楽しむことができる。

 2モデルともに、有効900万画素のCCD、35ミリフィルムカメラ換算で38-114mmの光学3倍ズームレンズを搭載。手になじんで持ちやすいという「WaveSurface Design(ウェーブサーフェスデザイン)」を本体のデザインに採用した。ディスプレイは反射防止コート/輝度調節機能付きで、上下左右170度の広視野角タイプの3.0型液晶を搭載する。

 ISOは100-3200、レンズシフト式の手ブレ補正機構も備える。バッテリーはリチウムイオン電池を使用。フル充電時に最大約200枚を撮影できる。本体サイズは「COOLPIX S52c」が約97.5×59×21mm、「COOLPIX S52」が約93×59×21mm、重さはともに約125g。カラーは「COOLPIX S52c」がパープリッシュブラック、「COOLPIX S52」がベージュゴールド、コーラルピンク。