ニコン(苅谷道郎社長)は4月10日、光学18倍ズームレンズを搭載したデジタルカメラ「COOLPIX P80」を4月25日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

 有効1010万画素のCCDを撮像素子に採用。35ミリフィルムカメラ換算で27-486mmの光学18倍ズームレンズを搭載する。サイズは幅110×高さ79×奥行き78mm、バッテリーと記録媒体を除く重さは約365gと、光学18倍ズームレンズを搭載するデジタルカメラでは世界最小を実現した。

 顔を認識して自動的にピントを合わせる「顔認識AF」、赤目を抑える「アドバンス赤目軽減」、写真の暗い部分を明るく補正する「D-ライティング」を搭載。

 露出機能では「プログラムオート」「シャッター優先オート」「絞り優先オート」「マニュアル」の露出モードと、撮影場面ごとの設定が可能な「モードダイヤル」を備える。「スポーツ連写モード」では、画像サイズを横2048×縦1536以下で、最大13コマ/秒で30コマまでの高速連写が可能。

 ISO6400までの高感度撮影機能で、被写体ブレを抑えるほか、CCDシフト式の手ブレ補正機構も盛り込んだ。ISO6400と3200の高感度撮影時は、画像サイズを横2048×縦1536以下に制限される。50MBのメモリを記録媒体に内蔵。外部メモリにはSDメモリーカードを使用する。