ソニーは4月8日、ブルーレイディスク(BD)レコーダーの新製品として、録画した映像をウォークマンなどに転送できる「BDZ-A70」と、圧縮することで内蔵HDDへの長時間録画が可能な「BDZ-T90」を4月30日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格はともに17万円前後の見込み。

 「BDZ-A70」は、320GBのHDDを内蔵するBDレコーダー。「おでかけ転送」機能を搭載し、HDDに録画したデジタル/アナログ放送の番組を「ウォークマンNW-A820シリーズ」や「プレイステーション・ポータブル」などに転送し、外出先に持ち出して視聴できる。データ転送は機器をUSB接続し、本体の「ワンタッチ転送ボタン」を押すだけで、録画モードQVGA 384Kの60分番組であれば約2分で転送完了する。

 コピー制御のかかったデジタル放送番組を持ち出しても、「おかえり転送」機能を使ってレコーダーに戻せば、再びオリジナル画質で視聴も可能。ほかにも期間を指定して最新の番組だけを転送できる「更新転送設定」などを搭載。また、アナログ放送の録画番組は、ウォークマン「NW-A910シリーズ」「NW-S710Fシリーズ」「NW-S610Fシリーズ」「NW-A800シリーズ」や、ドコモのケータイFOMA「904iシリーズ」「905iシリーズ」「705iシリーズ」にも転送できる。

 「BDZ-T90」は、500GBのHDDを内蔵するBDレコーダー。「高精度ハイビジョンエンコーダー」を搭載するほか、圧縮率の高い「MPEG4-AVC」形式を採用し、500GBのHDDに最大166時間のハイビジョン番組を録画できる。5.1chサラウンドの記録にも対応し、HDDからBDへのダビングはハイビジョン番組60分を約3分で完了する。

 両機種とも、キーワードで番組検索できる「気になる検索」機能、あらかじめ設定したジャンルや人名などの条件に当てはまる番組を自動的にピックアップ、さらに再生やダビングから使用者の好みを学習する「x-おまかせ・まる録」、デジタル番組を2つ同時に録画できる「デジタル2番組同時録画」機能を搭載。本体サイズはともに幅430×奥行き334×高さ95mm、重さは「BDZ-A70」が6.5kg、「BDZ-T90」が6.4kg。