ユニットコム(大野三規社長)は、ブラックを基調とした2.1chスピーカー「UNI-3150」「UNI-3126」2機種を4月1日に発売した。価格はサブウーファーが4インチのエントリーモデル「UNI-3150」が1980円、5.25インチの上位モデル「UNI-3126」が4980円。

 いずれもスピーカーユニットを2基備えるサテライトスピーカー2つと、サブウーファーをセットにしたフルレンジスピーカー。「UNI-3150」が光沢のあるモダンな外観である一方で、「UNI-3126」は伝統的なデザインを融合した。

 インターフェイスは3.5mmステレオミニプラグ。PCやCDプレーヤー、携帯オーディオなどと接続可能。このほか、音量調整やBASS音量調整機能を搭載する。電源はAC入力。最大出力とサテライトスピーカーのサイズは、「UNI-3150」が計10Wで幅80×奥行き97×高さ161.5mm、「UNI-3126」が計60Wで幅92×奥行き129×高さ182mm。