NHKは、これまでに放送した番組を通信回線によるVOD(ビデオ・オン・デマンド)で配信する有料サービス「NHKオンデマンド」を08年12月に開始すると発表した。

 コンテンツは、NHKが過去に放送した「大河ドラマ」「朝の連続テレビ小説」「映像の世紀」「NHKスペシャル」などの映像資産を配信する「特選ライブラリー」と、地上放送・衛星放送の5つのチャンネルで1週間以内に放送された番組を配信する「見逃し番組」の2つのサービスで構成する。

 「特選ライブラリー」では、サービス開始までに1000本程度を準備し、その後、毎年1000本程度の番組を用意する。一方「見逃し番組」では、毎日10-15本程度の番組と、「おはよう日本」「正午のニュース」「BS 列島ニュース」「ニュース7」「ニュースウオッチ9」のニュース5番組を、1週間程度提供する。こうした大量の番組をブロードバンド向けに提供するのは今回が初めて。

 対象はブロードバンドに接続されたPCや、「アクトビラ ビデオ・フル」対応の高機能テレビなどの利用者、または「J:COM TV デジタル」など一部のケーブルテレビのVODサービスが利用できるユーザー。テレビのサービスならハイビジョン画質で番組を楽しめる。

 今回のサービスは、通信回線でテレビ番組を提供するための新たな権利取得の費用や、配信のための設備費、回線料、運用費など多額の費用が発生するため、受益者負担でサービスを運営する計画。また、これらの費用はすべて同サービスの利用料金で賄い、受信料から独立した別の会計で運営する。