ロジクール(ケン・オーバーマン社長)は4月3日、ワイヤレスキーボードとマウスのセット「Cordless Desktop MX 5500 Revolution」を4月18日に発売すると発表した。価格はオープンで、同社の直販サイト「ロジクールオンラインストア」価格は1万9800円。

 マウスにはBluetooth版MX Revolutionコードレスレーザーマウスを採用。2つの操作モードを搭載しており、スクロールホイールを高速で回転させるフリースピンモードでは、長い文書やWebページを簡単に高速スクロール可能で、最高で7秒間に1万行分の表計算シートを移動できる。一方、クリック・トゥ・クリックモードでは、表やスライド、写真内を細かく、精確に移動することが可能。

 効率的に検索ができる「One-Touch Search」機能を備え、Webページや文書の単語・フレーズでの検索結果を簡単に表示できる。親指の近くに配置された第2のホイールは、Windows Vistaのフリップ3Dの起動、文書や写真のズームイン/ズームアウトも簡単に操作できる。このほか、高速充電ステーションを搭載したため、面倒な電池交換は不要。

 キーボードには、ダイナミックLCD搭載の新型モデルを採用した。キーピッチ19mm、日本語レイアウトの107キーボードで、7.5×2cmのLCDには、カレンダー、時計、電卓の計算結果、温度、キーストロークカウンター、メールの着信通知、再生中の楽曲情報を表示できる。

 また、Windows Media Center、フォトギャラリー、Windowsサイドバー、ガジェット、フリップ3D、ズームなど、主なWindows Vista機能へワンタッチでアクセスできるホットキーを搭載している。対応OSはWindows XP/Vista。