ソニーは4月3日、フルハイビジョン(フルHD)に対応した世界最小・最軽量のデジタルビデオカメラ「ハンディカム HDR-TG1」を4月20日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は13万円前後の見込み。

 サイズは幅3.2×高さ11.9×奥行き6.3cmで、重量は約300g。体積はコーヒー缶と同程度の190cc。記録媒体にメモリーカード、本体素材にチタンを採用し、回路の集積・小型化を図ることで、世界最小・最軽量を実現した。形状は従来のハンディカムの横型ではなく、ポケットなどに入れて手軽に持ち運ぶことを想定して縦型フォルムにした。

 撮像素子は、ソニーのデジタル一眼レフカメラ「α700」の低ノイズ技術「Exmor(エクスモア)」を使ったCMOS「クリアビッドCMOSセンサー」、画像処理回路には「BIONZ(ビオンズ)」を搭載した。水平1920×垂直1080画素のフルHDで撮影が可能なほか、400万画素相当の静止画の撮影もできる。


 顔認識機能を搭載。動画撮影時に、最大8人までを検出が可能で、フォーカス合わせや肌の色、明るさの補正を自動的に行う。逆光での撮影時などで被写体の黒つぶれを抑え、最適な露出、コントラストを自動補正する「Dレンジオプティマイザー」も盛り込んだ。レンズは独カールツァイスの光学10倍ズーム。デジタルでは120倍までの望遠が可能。電子式の手ブレ補正機能も備える。ディスプレイは2.7型のタッチパネル液晶。

 スリープ中に液晶ディスプレイを開けると約1秒で起動し撮影可能状態になる「クイックオン」機能を搭載。本体背面の操作部には動画撮影時の1シーンを静止画として切り出せる「フォトボタン」を設けた。ハイビジョン出力用にHDMI端子を装備する。チタンを使った本体は樹脂によるハードコート処理を施すことで、ポケットやバッグに入れても傷が付きにくいようにした。

 記録媒体は「メモリースティックPROデュオ」「メモリースティックPRO-HGデュオ」。録画時間は、付属の8GBのメモリースティックを使った場合で、フルHDの「FHモード」で55分、1440×1080画素の「LPモード」で約3時間の記録が可能。


 発表会で今村昌志・デジタルイメージング事業本部パーソナルビデオ事業部長は「ポケットに入れて持ち運べ、誰でもハイビジョンスナップが撮影できる。デジタルイメージング事業本部の総力を挙げた、技術屋の思いがつまった製品」とアピールした。