ロジクール(ケン・オーバーマン社長)は4月2日、PCや携帯オーディオと接続できるスピーカー「LS-21」「LS-11」2機種を4月18日に発売すると発表した。価格はいずれもオープン。同社オンラインストアでの価格は「LS-21」が3980円、「LS-11」が2980円。

 「LS-21」は、クリアな中高音域が特徴のサテライトスピーカーと、深みのある低音を再現するウーファーを組み合わせた2.1chスピーカー。ヘッドホンジャックを搭載したコントロールセンターを付属し、手元で簡単に電源の切り替えやボリューム調整が行える。余分なコードをまとめておけるケーブルマネージメント構造で、配線が邪魔にならない。

 最大出力は14Wで、本体サイズはサテライトスピーカーが幅8.5×高さ14.6×奥行き8.2cmで、サブウーファーが幅14.0×高さ19.0×奥行き17.8cm。

 一方、「LS-11」は、コンパクトなデザインの2.0chスピーカー。2インチのメタルダイヤフラムドライバーの搭載で、出力と音響性能を確保したほか、「LS-21」同様ケーブルがからまないような構造を採用した。最大出力は6Wで、本体サイズは幅8.5×高さ16.3×奥行き8.2cm。