エプソンダイレクト(山田明社長)は4月1日、GeForce 8600M GTを採用した13.3型ワイド液晶搭載のノートPC「Endeavor NA801」を発売すると発表した。4月下旬から直販サイトと電話受付センターで受注を開始する。仕様はカスタマイズ可能。

 グラフィックボードにGeForce 8600M GTを備えるノートPC。1280×800ドットの13.3型ワイド液晶を装備する。マイクロソフトのインターフェイス・DirectX 10やShader Model 4.0、OpenGL 2.0に対応し、3DゲームやCAD表示にも適している。

 チップセットはPM965 Express、CPUにCore 2 Duo T8100(2.1GHz)、80GBのHDDなどを採用。最小構成としてメモリに512MBのDDR2、OSはWindows XP Home Editionをプリインストールする。

 そのほかHDMI出力端子、指紋センサーなどを標準で装備。天板の塗装には小さな傷がついても自然に復元する「自己治癒コート」を採用した。サイズは幅322×奥行き235×高さ32.5mm、重さは1.9kg。最小構成価格は14万9940円。

 なお、4月15日17時までの期間限定で、新規会員登録者から抽選で100人に、「Endeavor NA801」の特別仕様限定モデルを10万円で購入できるキャンペーンを行う。構成は、CPUがCore 2 Duo L7700(1.8GHz)、1GBのDDR2メモリ、160GBのHDD、IEEE802.11a/b/g/n対応の無線LANなど。