クリエイトシステム、Googleカレンダーの予定をカウントダウンするタイマー

ニュース

2008/03/26 12:15

 クリエイトシステム(太田憲治代表)は3月25日、オンラインスケジューラー「Googleカレンダー」と連携し、予定時刻までの残り時間を表示するサービス「D3timer(ディースリータイマー)」を開始したと発表した。利用料は無料。

 「Googleカレンダー」に登録されたスケジュール情報から、今の時間帯の作業を割り出し、終了までの残り時間をカウントダウンするサービス。ブラウザ上で動作し、PCのほかiPod touchやWiiにも対応する。作業時間が「あと何分」かを視覚的にリアルタイムに把握できるため、仕事の効率アップにつながげることができる。

 利用にあたっては、「Googleカレンダー」にあらかじめ作業スケジュールを登録し、「D3timer」のサイトにアクセス。「Googleカレンダー」の「非公開URLのXML」のアドレスを入力しタイマーを起動すると、自動的にスケジュール情報を取得し、残り時間を示すタイマーが表示される。タイマーはブックマークしておけばいつでも使え、残り時間に応じて画面上のバーが緑から黄、赤に変化して色で知らせる。アナウンス設定を行えば、残り時間を音声で告知する。

 今後、携帯電話向けや、Adobe AIR版なども提供する予定。また、セミナーやイベント会場で使うタイムテーブルや、試験会場で残り時間を表示するタイマーなど、用途に応じたカスタマイズにも対応。「Googleカレンダー」以外に、社内のグループウェアと連携させる有償サービスも提供する予定。

オススメの記事