三洋電機、910万画素に対応したデジタルムービーカメラ

ニュース

2008/03/21 17:17

 三洋電機は、デジタルムービーカメラ「Xacti(ザクティ)」で、初心者や女性にも扱いやすい新モデル「DMX-CG9」を4月18日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

 写真と動画の両方を撮影可能で、爪の長い女性も使えるよう、操作ボタン類を大きくした。910万画素の高精細写真撮影が可能なCMOSイメージセンサと高解像度対応の光学5倍ズームレンズを搭載。また、ピクトライズ機能や連写モード、最短1cmまで撮影可能なスーパーマクロモードなどを追加した。

 動画はMPEG-4 AVC/H.264形式を採用。最大640×480ピクセル、毎秒60フレームの記録・再生ができ、Web向けに320×240ピクセルの撮影モードも搭載する。また、ムービー撮影中も動画を止めずに写真を同時記録できる。

 記録メディアは約40MBの内蔵メモリのほか、SDメモリカードに記録できる。2.5型の液晶モニタも搭載する。リチウムイオン電池を付属し、静止画撮影約195枚、ムービー連続撮影約70分/連続再生約160分が可能。本体サイズは幅73.8×高さ101.0×奥行き38.6mm、電池、SDメモリカードを含む重さは約199g。カラーはホワイト、レッド、ブラックの3色。

オススメの記事