KDDI、相沢紗世さんとハンドボールの宮崎大輔選手で「au Smart Sports」をPR

ニュース

2008/03/19 19:52

 KDDI(小野寺正社長)は3月18日、au携帯電話やPCと連携して日常のスポーツ活動を支援するサービス「au Smart Sports」のPRイベントを東京・表参道ヒルズで開いた。ファッションショーとトークイベントの2部構成で、イメージキャラクターの相沢紗世さんとハンドボール日本代表の宮崎大輔選手が登場した。


 スポーツカジュアルをテーマにしたファッションショーでは、「RUN」「Walk」「Active」と3つ利用シーンを想定したスタイルを披露。ショーの最後には、相沢さんがスポーツカジュアルな装いで登場した。続くトークイベントには宮崎選手も加わり、スポーツや健康、ファッションなどについて語った。


 相沢さんは、美容と健康について「睡眠をとることが大事」としながら「小学校から高校までバレーボール部に所属していて、けっこう厳しく鍛えられました」と部活の経験談を明かす場面も。宮崎選手は、健康について「食事が大事です。また、日々のトレーニングが健康に繋がっている」と話した。また垂直跳びや自慢の腹筋を披露する一幕もあり、「試合ではもっと凄い自分が見せられる」とハンドボールのPRも欠かさなかった。

 1月に開始した「au Smart Sports」は、携帯向けのアプリやサイトを使って、トレーニング履歴の管理スポーツ情報の提供、スポーツ関連グッズの販売などを行うもの。第1弾として、ランニングやウォーキング時のコースや消費カロリーなどが確認できる「Run&Walkアプリ」を提供。さらにPCと連動してトレーニングを管理する「Run&Walkサイト」も開設した。利用料は、ライト会員が無料、オプションプランが利用できるベーシック会員が月額105円。

オススメの記事