ネットジャパン、WinソフトがMacで動かせるソフトに「初音ミク」をバンドル

ニュース

2008/03/19 17:02

 ネットジャパン(蒋冠成代表取締役)は3月19日、Mac上でネイティブにWindows専用アプリケーションを動作させるための互換レイヤーソフト「CrossOver Mac」に、クリプトン・フューチャー・メディアのボーカル音源ソフト「VOCALOID2初音ミク(初音ミク)」をバンドルした製品を販売すると発表した。同社オンラインショップ「マイネットジャパン」のみの販売で、価格は1万9950円。

 「CrossOver Mac」は、米CodeWeavers社が開発した、インテルCPUを搭載したMacintosh上でWindows用アプリケーションをネイティブで動作可能にするソフト。仮想化ソフトとは違い、Windows OSを別途購入せずに利用でき、仮想マシン環境の設定、ドライバのインストールなども不要。さらにオーバーヘッドが少なく、動作も軽いという。「初音ミク」のほか、WordやExcel、Internet Explorer、PhotoshoなどもMac上でシームレスに動作する。

 なお、今回バンドル販売する「初音ミク」を含む「VOCALOID 2 シリーズ」の正式サポートは、3月25日公開予定の無償アップデート「CrossOver Mac 6.3」からの予定。また、VSTi、Rewireでの呼び出しには対応していない。

 「初音ミク」は、メロディと歌詞を入力するだけで女性のリアルな歌声を生成する音声合成ソフト。ヤマハが開発した音声合成システム「VOCALOID 2」を採用し、クリプトン・フューチャー・メディアが開発した音声データベースを組み込んでいる。対応OSはWindows Vista、XP。価格はオープンだが、実勢価格は1万5750円前後。

オススメの記事