KDDIとアミューズ、ケータイ中心の音楽レーベル会社「A-Sketch」を設立

ニュース

2008/03/19 10:10

 KDDI(小野寺正社長兼会長)とアミューズ(畠中達郎社長)は3月18日、楽曲配信とレコード制作、楽曲管理などの音楽レーベル事業を行う新会社「A-Sketch」を4月1日に設立すると発表した。

 A-Sketchでは、新人発掘・育成、音楽制作といったアーティストマネジメントのノウハウを持つアミューズと、「LISMO」を中心に携帯電話・PC向け音楽サービスを展開しているKDDIの強みを生かし、魅力ある楽曲を効果的に制作・供給する。資本金は4億5000万円で、資本構成はアミューズが66%、KDDIが34%。代表取締役社長には、アミューズ上席執行役員の相馬信之氏が就任する。

 当初は、全キャリアを対象とした携帯電話経由の音楽配信を展開。また、CDやDVDなどのパッケージ販売を組み合わせた楽曲提供を行うことで、音楽ファンのニーズにも柔軟に対応し、継続的な優良コンテンツの供給を目指す。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などを活用して新人アーティストの発掘なども行い、携帯電話・PCを利用した新たな音楽サービスにも積極的に取り組む。

 なお、アミューズでは、A-Sketchの設立日に合わせ、マネージメント事業やレコード制作、著作権管理を行う新会社「アズィール」を設立する予定。今後も時代に即した音楽配信に注力し、新人発掘やアーティスト育成、多岐にわたるプロモーション活動などを通してヒットを創出したい考え。

オススメの記事