アップル、Windowsにも対応するWebブラウザ、Safari 3.1をリリース

ニュース

2008/03/18 23:20

 アップルは3月18日、MacとWindowsのいずれにも対応するWebブラウザ、Safari 3.1を発表した。3.1ではHTML 5の新しいビデオ・オーディオタグやCSSアニメーションを初めてサポート。CSS Web Fontsに対応することで、さまざまなフォントを利用することもできるのが特徴。OS XとWindows用に分かれており、同社専用サイトから無料でダウンロードできる。

 同社では、IE7と比べて1.9倍、Firefox 2と比べて1.7倍の速度でWebページを読み込むことができ、JavaScriptに関しても他のブラウザに比べて最大で6倍速く動作させることができるとしている。

 SafariはMac OS Xの標準ブラウザで、ドラッグ・アンド・ドロップによるブックマーク機能や整理しやすいタブ、検索対象がページ内に何個見つかったかを示す検索機能などが特徴。RSSリーダーも内蔵し直感的なWebサイトの閲覧にも対応する。

オススメの記事