AHS、AVCHDやBDに対応した映像編集ソフト「Movie Edit Pro HD」

ニュース

2008/03/18 10:12

 AHS(尾形友秀代表)は、MAGIX社の映像編集ソフト「Movie Edit Pro」シリーズを4月8日に発売する。AVCHDの映像取り込みに対応し、Blu-ray Disc(BD)、HD DVDへのハイビジョン映像の書き込みが可能な上位版「Movie Edit Pro HD」と、AVCHD非対応の廉価版「Movie Edit Pro」の2種類を用意。価格は、「Movie Edit Pro HD」が1万6800円、「同 乗り換え版」が1万2800円、「同 アカデミック版」が1万2800円、「Movie Edit Pro」は1万2800円。

 「Movie Edit Pro HD」「Movie Edit Pro」ともに、シーンオーバービューモードとストーリーボードモード、タイムラインモードの3つの編集モードを搭載。これらのモードを任意に切り替えて、映像を編集できる。また、HDVやDVカメラに加え、iPod、PSP動画、WMV、DivXなどのファイルの取り込みに対応。VHSや8mmビデオなどのアナログソースのデジタル化も行える。

 サウンド編集では、映像に差し込みたいBGMの「ジャンル」と「ムード」を選択するだけで自動的にBGMを作成する「サウンドトラックメーカー」機能などを搭載。上位版「Movie Edit Pro HD」は「Dolby Digital audio」による5.1ch音声の編集にも対応。対応OSはWindows Vista、XPで、64Bit版OSは動作保証外。

オススメの記事