ラトックシステム、WUXGAやフルHD対応のDVI専用パソコン自動切替器

ニュース

2008/03/17 10:15

 ラトックシステムは、PC自動切替器「REX?KVMシリーズ」のラインアップとして「REX?230XDA」を4月上旬に発売する。税別価格は1万1000円。

 2台のPCで、1組のキーボードマウス、DVIモニタを共有できる自動切替器。最大27インチのDVI接続ワイドモニタに対応し、解像度は1920×1200ドットのWUXGAと1920×1080ドットのフルHDまで表示できる。

 きょう体はコンパクトなミニBOXタイプで、切替器とPCは添付のケーブルですっきり配線できる。電源はパソコンのPS/2ポートから取得するので、ACアダプタの接続は不要。なおPS/2からの給電が足りない場合は、別売りのACアダプタが使用できる。

 キーボードはPS/2接続、マウスはUSB接続となるクロスインターフェイス、またスピーカー接続用のジャックも搭載する。多機能マウスに対応し、マイクロソフトのチルトホイール搭載マウス「SideWinder」「Habu」やロジクールのLX・MX・Gシリーズなどで動作確認している。対応OSはWindows Vista、XP、2000、Me、98。

オススメの記事