ソニー、レコードの音楽をPCに取り込むプレーヤー

ニュース

2008/03/13 18:06

 ソニー(中鉢良治社長)は3月12日、レコードの音楽をPCに取り込めるステレオレコードプレーヤー「PS-LX300USB」を4月15日に発売すると発表した。価格は2万8350円。

 通常のオーディオ出力のほか、PCとUSB接続すればレコードの音声をAD変換して取り込めるのが特徴。付属のマスタリングソフト「Sound Forge Audio Studio LE」は、楽曲の取り込み・編集やCD-R、CD-RWへの録音が可能。レコードを再生する際のノイズを録音時に軽減するツールも備える。別途対応ソフトを使用すれば、ATRAC、MP3形式に変換して「ウォークマン」などへの転送も行える。

 フォノイコライザーアンプを内蔵し、背面のスイッチを切り替えれば同アンプ非搭載のオーディオ機器とも接続できる。このほか、ダイキャストアルミ合金製のターンテーブルや、バランス調整が不要なダイナミックバランスストレート型トーンアームを採用。カートリッジはダイヤモンド針採用のMMカートリッジで、交換用の針も付属する。サイズは幅420×高さ95×奥行き360mm、重さは約3.1kg。

オススメの記事