シャープ、14.1型ワイドのノートPC「Mebius」2機種、ワンセグ搭載モデルも

ニュース

2008/03/12 13:57

 シャープは3月11日、ノートPC「Mebius」シリーズで、14.1型ワイド液晶を搭載した「PC-CW60X」「PC-CW50X」の2機種を、3月下旬に発売すると発表した。価格はともにオープン。

 2機種とも1280×800ドットの14.1型ワイド液晶を装備するノートPCで、白いパームレスト部などには汚れの付きにくいUVコーティングを施した。OSにWindows Vista Home Premium、CPUにSempron 3600+を採用し、2GBのDDR2メモリ、シリアルATA接続で120GBのHDD、IEEE 802.11b/g規格に準拠した無線LANを搭載する。USB端子を4基備えるほか、SDメモリカード、メモリスティック、xD-ピクチャカードに対応するスロットを装備。

 このほか、イーブック・システムズ社の電子書籍「FlipBook」の専用ビューア「FlipViewer」を搭載し、実際にページをめくるように電子書籍を閲覧できる。また、東北大学の川島教授が監修した「能力トレーナー」、七田眞氏監修による「ウノタン 高める記憶力」「ウノタン 高める判断力」の3つの学習ソフトをプリインストールした。

 「PC-CW60X」はワンセグ放送に対応し、Windowsサイドバーに番組を常時表示できるワンセグ視聴ソフトの「StationMobile for Sharp」を搭載。拡大表示も可能で、3段階の表示サイズから選択できる。サイズは2機種とも幅330×奥行き252×高さ37mmで、重さは2.3kg。実勢価格はワンセグ対応の「PC-CW60X」が16万円前後、「PC-CW50X」が15万円前後の見込み。

オススメの記事