テレビ東京ほか、ワンセグ放送の広告運用実験、キャリアやメーカーとも協力

ニュース

2008/03/10 10:07

 テレビ東京は3月7日、在京民放キー局と電通博報堂DYメディアパートナーズ(HDYMP)と共同でワンセグデータ放送における広告運用実験を行うと発表した。

 スポンサー・広告会社・放送局などの広告素材の受け渡しの効率化に加え、広告価値の向上について研究するのが目的。実験では、大きさなどの規格を統一した広告用バナースペースを設定。この規格に沿ったバナー広告を各局のワンセグデータ放送で表示し、広告としての認知度などについて調査・分析を行う。

 実験期間は3月10日-3月14日の13時30分-15時30分。協力企業は、キャリアがNTTドコモ、KDDIソフトバンク。ワンセグ対応の携帯電話メーカーが、NECカシオ計算機京セラ、三洋電機、シャープ東芝、松下電器産業、日立製作所、富士通三菱電機。

オススメの記事