パナソニックコミュニケーションズは3月7日、インターネット通話サービス「Skype」のソフトウェアを内蔵し、パソコンなしでもSkype通話ができるWi-Fiフォンセット「KX-WP800」を3月28日に発売すると発表した。直販サイト「パナセンス」価格は2万9800円。

 専用のワイヤレスルーターとSkypeソフトを内蔵したハンドセット子機からなるSkype対応Wi-Fiフォンセット。パソコンを利用したSkype通話のように、パソコンを使わなくても無料または低コストのSkype通話がコードレスでできる。

 フォン・ジャパンの無線LAN共有サービス「FON」に対応し、FONの会員であれば屋内だけではなく、国内約3万2千か所のFONの無線アクセスポイントを利用して、Skype通話を行うことが可能。また、専用ワイヤレスルーターによって高品質のSkype通話を実現するほか、自宅や出張先などからインターネットに接続して、簡単にSkype通話をすることができる。

 小型端末としては大きめの口径20mmのスピーカーを使用。親機・子機セットで利用の場合、待ち受け時間は55時間、連続通話時間が4.5時間となっている。また、子機にはIEEE 802.11bに対応するほか、1.8型の液晶ディスプレイを搭載する。