NHKは3月6日、NHKワンセグ総合で、暮らしに役立つ情報を提供する「ローカル・データ放送」を3月31日11時から開始すると発表した。

 これまでの全国のニュースや気象情報に加え、ユーザーの居住地域や受信エリアに沿ったローカル情報を配信する。主なコンテンツは、地域のニュース、各地の気象情報・週間天気予報、地域の災害情報、地域の番組に関する情報・イベント情報など。これを機にメニュー画面を一新し、表示項目を追加するほか、1行当たりの文字数を11文字から14文字に増やし、より多くの情報にすばやく、ダイレクトにアクセスできるようにする。