マウスコンピューター、4台までのマルチディスプレイ対応のデスクトップPC

ニュース

2008/03/07 11:06

 マウスコンピューター(小松永門社長)は3月6日、法人向けの「GSXシリーズ」で、最大4台までのマルチディスプレイが可能なデスクトップPC「GSX-WS401TeTra」「GSX-WS601TeTra」を発表した。搭載OSがWindows Vista Home Premiumのモデルは3月6日、Windows XP Home Editionのモデルは3月末に発売する。

 いずれのモデルもグラフィックカードにFireMV 2400を採用し、最大4台のマルチディスプレイに対応するのが特徴。筐体はスリムケースで、サイズはともに幅99×奥行き425×高さ336mm。

 「GSX-WS401TeTra」は、CPUにPentium Dual Core E2160(1.8GHz)、1GBのDDR2メモリ、80GBのシリアルATA HDDを搭載。一方「GSX-WS601TeTra」はCore 2 Duo E8200(2.66GHz)、2GBのDDR2メモリ、160GBのシリアルATA HDDを搭載する。価格はWindows Vista/XPどちらを選択しても「GSX-WS401TeTra」が15万9600円、「GSX-WS601TeTra」が17万9970円。

オススメの記事