バッファロー、ミラーリングが可能な1TBのネットワーク対応コンパクトHDD

ニュース

2008/03/06 10:05

 バッファローは3月5日、容量1TB(テラバイト=1000GB)のネットワーク対応のHDD「LS-WS1.0TGL/R1」を3月下旬に発売すると発表した。価格は8万5000円。

 コンパクトサイズのきょう体に2.5型のHDDを内蔵した。ファンレスタイプで、静音性も高いという。ネットワークに接続したPCの電源に連動してPC本体の電源をオフにすることで、PC未使用時の電力を削減できる「PC連動電源機能」を搭載。同社によると、従来製品よりも消費電力を約90%削減できるという。

 HDDは2台を搭載しており、写真などのデータを2台のHDDに同時に書き込む「ミラーリング機能」が利用可能。片方のHDDが故障した場合でも、もう1つのHDDからデータを読み出すことができる。DLNAに対応しており、「LS-WS1.0TGL/R1」に保存した映像や音声などを対応機器で再生することもできる。

 また、デジタルカメラデジタルビデオカメラをUSBケーブルで接続し、直接HDDにコピーできる「ダイレクトコピー機能」を装備。インターネット経由で、外出先からHDD内のデータにアクセスできる「Webアクセス機能」にも対応した。

オススメの記事