ソースネクスト、iTunesの音楽データもケータイに取り込める携帯電話ソフト

ニュース

2008/03/06 10:01

 ソースネクスト(松田憲幸社長)は、携帯電話ソフト「ソースネクスト 携快電話ZERO」の最新版を4月3日に発売する。価格は4980円。

 携帯電話とPCを専用ケーブルでつないで、携帯電話のデータをPCで保存・編集したり、編集したデータを携帯電話に書き戻すことができるソフト。従来のキャリア別ラインアップから、全キャリア対応のパッケージに統一し、キャリア変更した場合もソフトを買い換えずに済むようにした。旧バージョンのユーザー向けに、4月3日から新機能のアップデータを順次提供する。

 また、新機種対応のアップデータやプログラムの新バージョンを、インターネットを通じて17年まで無料で提供。Windows XPからVistaに乗り換えた際にも、引き継いで使用することができる。

 最新版では、Outlookのスケジュールを携帯電話に取り込み、スケジュール帳として使えるほか、地図などのPC上の画像を携帯電話に転送・保存したり、ハガキ作成ソフト「筆王ZERO」などの住所録データから電話番号を取り込む機能を搭載した。

 MP3/WMA/WAVといった音楽データを携帯電話で聴ける形式に変換することもでき、iTunesならファイルをドラッグ&ドロップするだけの簡単な操作でデータを取り込める。携帯電話付属のメモリカードからの読み込みにも対応し、高画質の静止画やムービーなどの大容量データも、「メモリカードから読み込む」を押すだけで素早くPCに読み込むことができる。

 このほか、ブックマークの情報をバックアップする機能や、アドレスやメールなどのデータを「QRコード」に変換する機能、PCに取り込んだムービーファイルを編集する機能などを盛り込んだ。対応OSはWindows Vista/XP。

オススメの記事