コダック、独自イメージ処理技術を搭載した初の個人用ドキュメントスキャナ

ニュース

2008/03/05 19:28

 コダック(松浦規之社長)は3月4日、同社初の個人向けドキュメントスキャナ「コダック ScanMate i1120スキャナ」を、3月26日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は4万8000円前後の見込み。

 業務用ハイエンドモデルに搭載する独自のイメージ処理技術「パーフェクトページ」を搭載。自動で原稿の色や濃度を調整したり、傾きの修正や原稿のサイズに合わせイメージを切り出すことができる。A4縦送り時の両面読み取り速度は最高で毎分20枚。出力形式は「PDF」「TIFF」「JPEG」などの形式を選べる。カラーや白黒、グレースケールの選択が可能なほか、2種類のイメージを出力する「デュアルストリーム」機能も備えた。

 接続するPCで出力ファイル形式や解像度などを設定し操作を簡略化できる「スマートタッチ機能」は、最大9パターンまで登録が可能。原稿の定位置を指定して、写真や署名を自動で切り出す「相対クロッピング」、「赤」「青」「緑」のうち一色の文字や罫線を白黒にしてOCRでの読み取りに適したイメージに変換する「エレクトロニックカラードロップアウト」などの機能を盛り込んだ。インターフェイスはUSB2.0。サイズは幅300×奥行き157×高さ147mm、重さは2.7kg。

オススメの記事