日本HP、従来モデルから17%コンパクト化した法人向けデスクトップPC

ニュース

2008/03/03 10:06

 日本ヒューレット・パッカード日本HP)は2月29日、法人向けデスクトップPCのエントリーモデル「HP Compaq Business Desktop dc5800 SF(dc5800 SF)」を発売した。また、カスタマイズ可能な「dc5800 SF/CT」を、HP DirectplusオンラインストアとHP Directplusコールセンター、HP DirectPartnerを通じて販売する。

 Intel Q33 Expressチップセットを採用したことでカスタマイズデルでは45nmプロセスルールで製造された最新デュアルコアCPU「Core2 Duo E8200(2.66GHz)/E8400(3GHz)」が選択できる。また、PC2-6400メモリを最大8GB搭載可能で、PCI Express x16スロットも備える。

 従来モデルの「dc5700 SF」と比べ、体積比で約17%コンパクト化。工具なしできょう体内部へアクセス可能なため、メモリ増設などのメンテナンスも容易に行える。

 価格は、仕様が固定のモデルで7万3500円から。カスタマイズモデルは最小構成で6万5100円から。

オススメの記事