キヤノンは、インクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズで、複合機の「PIXUS MX850」と、フォトプリンターの「PIXUS iP2600」を、3月6日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「PIXUS MX850」が4万円前後、「PIXUS iP2600」が8000円前後の見込み。

 「PIXUS MX850」は最大35枚のA4用紙をセットできる両面対応のADF(自動給紙機構)を搭載する複合機。5色のインクを最小1ピコリットルの極小インク滴で排出し、最高9600×2400dpiの解像度でプリントが可能。紙送りをコントロールする「ダブルエンコーダーシステム」、3種類のインク滴を使い分ける「3サイズドロップレット技術」によってプリントを高速化し、L判フチなし写真を約18秒で印刷できる。標準で有線LANに対応し、スーパーG3FAX、CISフラットベッドスキャナを搭載。サイズは幅508×奥行き483×高さ260mm、重さは13.9kg。

 フォトプリンターの「PIXUS iP2600」は、4色インクで最小のインク滴は2ピコリットル、最高解像度は4800×1200dpi、A4サイズまでの用紙に対応。本体サイズは幅442×奥行き253×高さ142mm、重さは3.7kg。

 両機種とも、同社独自の高密度プリントヘッド技術「FINE」や、写真の美しさを長期間保つ「ChromaLife 100」、人物の顔を検出して画像を補正する「自動写真補正機能」を搭載する。