KDDIは2月26日、Bharti Airtel(インド)、Global Transit(マレーシア)、Google(米国)、Pacnet(香港)、SingTel(シンガポール)の5社と、日本?米国間光海底ケーブル「Unity」の共同建設協定を締結。これに基づき、6社による「Unity」の共同建設を行うと発表した。

 「Unity」は、日本?米国間を結ぶ約1万kmの光海底ケーブル。陸揚地は日本側が千葉県の千倉、米国側がロサンゼルス。総建設費は約3億米ドル(約320億円)で、09年度第4四半期(10年1月?3月)に運用を開始する予定。

 最新のDWDM(高密度波長分割多重方式)技術を用いることで、最大7.68Tbps、電話回線換算で約1億2800万回線までの容量拡張が可能。これにより、急増する日米間のインターネットや、大容量化が進む企業間通信などの需要に対応する。また、日本において、APCN2などアジア地域の大容量光海底ケーブルとシームレスに接続することで、アジア?米国間の通信需要にも対応。日本の通信ハブとしての地位向上を目指す。

 KDDIでは、最大480Gbpsまで拡張可能な容量を取得し、今後さらなる増加が見込まれるアジア・太平洋地域の通信需要に対応する。