サザンクロス(山下正樹代表取締役)は2月18日、Amazon Webサービス(AWS)を利用した漫画専門ポータルサイト「mangaman.tv(mangaman)」を開設した。

 サイトを越えて使用できるOpenIDでログインすることで、さまざまなサイトのサービスを利用できる漫画専門ポータルサイト。コンテンツは、AWSが配信する情報をもとに、「mangaman」がインターネット百科事典「ウィキペディア」と情報を照合して自動的に生成されるものと、「mangaman」のスパイダーロボットが各出版社の新刊情報のページを解釈して自動的に生成されるものの2つで構成する。

 「新刊一覧」ページは、AWSと出版社それぞれのホームページが発信する情報を、「mangaman」スパイダーロボットが自動取得して構成。ユーザーは、発売日または「Amazon」で購入可能になった時点でメールでアラートを受け取れるため、いち早く購入することができる。

 「雑誌別一覧・タイトル一覧」は、AWSが配信する情報をもとに「ウィキペディア」と照合して自動生成。雑誌や漫画のタイトルを登録すると、関連する本の発売日や「Amazon」で購入可能になったタイミングで、メールでアラートが受け取れる。

 「mangamanカート」では、同じタイトルで続巻が出るなど、漫画の特徴に合ったサービスを提供。「Amazon」のカートでは、順不同で並ぶタイトルの続巻を1つずつカートに入れなければならないのに対し、「mangamanカート」では、タイトルで検索した結果をまとめてカートに入れることができる。また、「Amazon」に参加する出品者の情報を、「なるべくAmazonで買う」「なるべく安く買う」「なるべく早く買う」といった条件で比較・購入できるオプションも搭載した。

 「オススメ漫画紹介」では、サザンクロスが提供するウェブログ管理CMS(content management system)のβ版「BlogStar」(仮称)を利用して、ブログ形式で漫画書評を実施。「mangaman」内のコンテンツとブログコンテンツがシームレスに連動することで、より面白そうな漫画の書評を読んで、すぐに購入することができる。今後、漫画書評を投稿してもらえるライターを、「mangaman」上で自動登録できるようにする予定。