東芝、HD DVD撤退報道にコメント、「決定した事実はない」

ニュース

2008/02/18 14:11

 東芝(西田厚聰社長)は2月18日、一部で報道されている「HD DVD事業撤退」について、「決定した事実はない」と正式コメントを発表した。

 HD DVD事業について「今後の事業方針について検討しているのは事実」だが、事業の撤退については「何も決まっていない」と報道を否定した。

 08年1月に米ワーナーブラザーズがBlu-ray Disc(BD)単独支持へ路線変更すると発表したことを受け、東芝は米国向けのHD DVDプレーヤーの価格を半額に下げるなどの対策をとり、シェア獲得に注力していた。

オススメの記事