ソーテック、08年春の店頭モデル第2弾、3シリーズ8機種を15日から

ニュース

2008/02/14 19:20

 ソーテック(菅正雄社長)は、店頭販売専用の春モデル第2弾として、デスクトップPC「PC STATION BA」シリーズ、「PC STATION PX」シリーズと、ノートPC「WinBook WV」シリーズの3シリーズ8機種を、2月15日から順次発売する。価格はオープン。

 「PC STATION BA」シリーズは、従来の「PC STATION BJ」シリーズの上位機種として新たにラインアップされたスリムタワー型のデスクトップPC。22型ワイド輝き液晶を付属し、OSはWindows Vistaを搭載する。CPUはCore 2 Duo E4500(2.2GHz)、メモリは2GB、シリアルATA接続で500GBのHDDを装備。

 実勢価格は統合ソフトのOffice Personal 2007を搭載した「BA9715PB」が16万4800円前後、Officeなしの「BA9715P」が14万4800円前後の見込み。

 「PC STATION PX」シリーズは、ディスプレイを付属しないマイクロタワー型のデスクトップPC。上位機種の「PX9515P」は、インテルの45nmテクノロジーを採用した最新のCore 2 Duo E8200(2.66GHz)、HDMI端子、2GBのDDR2メモリ、320GBのシリアルATA HDDを装備する。

 下位モデルの「PX7315P」はCPUにPentium E2160(1.8GHz)、1GBのDDR2メモリ、320GBのHDDを搭載。OSはともにWindows Vistaを採用する。実勢価格は「PX9515P」が9万9800円前後、「PX7315P」が6万9800円前後の見込み。

 「WinBook WV」シリーズは15.4型のノートPCで、ワンセグチューナーを搭載する「WV2515P」「WV2525PB」、ワンセグチューナー非搭載の「WV4315P」「WV4315PB」の4機種をラインアップする。

 「WV2515P」はCPUにSempron 3600(2GHz)、1GBのDDR2メモリ、120GBのシリアルATA HDDを装備する。「WV2525PB」はCPU、HDDなどが同様で、メモリは2GBのDDR2、統合ソフトのOffice Personal 2007をプリインストールする。

 「WV4315P」「WV4315PB」は、CPUにTurion 64 X2 TL-56、2GBのDDR2メモリ、120GBのシリアアルATA HDDを搭載し、「WV4315PB」はさらにOffice Personal 2007をプリインストールする。OSは全機種Windows Vistaを採用。実勢価格は「WV2515P」が10万4800円前後、「WV4315P」が10万9800円前後、「WV2525PB」と「WV4315PB」は12万9800円前後の見込み。

オススメの記事