ユニットコム(大野三規社長)は2月5日、インテルの最新CPUを搭載したスタンダードノートPC「VIP Note-NY T8324/DVR-CV」と、低価格モデルの「VIP Note-NY C5418/DVR-CV」を発売した。両モデルともCPUやメモリなどの構成がカスタマイズできるBTOに対応する。

 「VIP Note-NY T8324/DVR-CV」は14.1型ワイド液晶のノートPCで、インテルの45nmテクノロジーを採用した新CPU、「Core 2 Duo T8300(2.4GHz)」を採用。標準でメインメモリは2GB、容量160GBのHDDを装備する。光学ドライブには2層対応のスーパーマルチドライブを搭載し、SDカードやメモリースティックなど7種のメモリカードに対応したカードリーダーも内蔵する。

 「VIP Note-NY C5418/DVR-CV」は、CPUに「Celeron 540(1.86GHz)」を採用し、1GBのメインメモリと容量80GBのHDDを搭載したモデル。

 サイズは共通で、幅333×奥行き243×高さ33mm、重さが2.7kg。2機種ともにOSは別売で、標準構成価格は「VIP Note-NY T8324/DVR-CV」が9万4800円、「VIP Note-NY C5418/DVR-CV」が6万9800円。同社が運営するPCショップ「ツートップ」で販売する。