NECディスプレイソリューションズ(津田芳明社長)は、プロ向けの29.8型ワイド液晶ディスプレイ「MultiSync LCD3090WQXi」を3月10日に発売する。カラーは、ホワイトとブラックの2色。価格はオープンで、実勢価格は29万8000円前後の見込み。

 印刷や写真、映像など、高度なカラーマネジメントが要求されるグラフィックス用に開発したプロ向けの液晶ディスプレイで、2560×1600ドット(WQXGA)の表示に対応するH-IPS方式ワイド液晶パネルを採用した。輝度は350cd/m2、コントラスト比は1000:1、応答速度は12ms、視野角は左右/上下ともに178度。

 印刷業界で標準的に用いられる「Adobe RGB」をカバーする広い色度領域を持ち、高度なカラーマネジメントを実現する。スタンドはピボット機構付きなのでタテ形表示が可能。タテ形表示なら、新聞紙ブランケット版の1面サイズの原稿を原寸で表示できる。

 このほか、画面の輝度ムラ、色ムラ、ガンマを、5段階で補正できる「ムラ補正機能」、約679億6723万色中約1677万色の表示が可能な「ビットガンマ補正機能」を搭載する。入力インターフェイスとして、HDCP対応のDVI-Dと、DVI-Iを装備する。