インターリンク(横山正代表取締役)は1月28日、同社のインターネット接続サービス「ZOOT(ズット)」のメールサービス「よくばりメール」を、同日からGoogleの無料Webメールサービス「Gmail」で利用できるようにしたと発表した。

 「よくばりメール」は、「ZOOT」のユーザーが、自分の好きなドメインのメールアドレスを設定できるサービス。今回、Googleのホスティング型アプリケーションスイート「Google Apps」の採用で、同様のサービスを「Gmail」でも使えるようにした。

 これにより、メールボックス容量の上限は、これまでの100MBから約5.2GBに拡大。メールアカウントの上限も10アカウントから500アカウントに増加した。Googleの検索技術やスパムフィルタ技術が利用できるため、大量のメールをすばやく検索したり迷惑メールを簡単にブロックすることができる。Webブラウザから利用できるワープロや表計算アプリケーション「Googleドキュメント」など、Googleのさまざまなアプリケーションを使用することもできる。

 さらに、オリジナルドメインのメールアドレスがどの携帯電話でも使える「ケータイアドレスポータビリティ」や、1ギガバイトまでのデータをメールで送れる「ドデカメール」サービスなど、インターリンクの独自機能も搭載した。